茨城県東海村の日本原子力研究開発機構(通称JAEA)にRETFという施設があります。このRETFは、もんじゅの使用済み燃料を処理する施設として、約1,000億円もの血税を投じて建設されました。しかし、もんじゅがいつまで経っても完成しないので、RETFはまったく稼動せずに未利用のまま捨て置かれています。1,000億円もの血税を投じたわけですから、国会(衆議院では私が質問をしました)や会計検査院からも「何か利活用せよ」と指摘をされていました。そこで慌てたJAEAは、「RETFはガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)の保管・払出施設として活用します」と言い始めました。

 正確には、「RETFについては、将来に向けた核燃料サイクル技術開発の進展に応じて柔軟な対応が可能となるよう、利活用の際に施設を極力汚染させないこと及び既存の計画の中で必要となる施設の代替として活用することを基本原則とし、当面、ガラス固化技術開発施設に保管しているガラス固化体を最終処分場に輸送するための容器に詰める施設として活用を図ることとし具体的検討を進める」としています。ちなみに、この改造にかかる費用は100億円前後とされています。

 RETFは1,000億円もの血税により建設された施設ですが、もんじゅが完成しないので使い道がなく野ざらしにしてしまっている施設です。そうした苦い経験をまったく省みず反省もなく、さらにさらに改造費100億円もの血税を投入して、もんじゅ同様にいつ完成するとも知れない最終処分場への搬出施設へ改造するとのたまっているのです。さらに驚いたのは、100億円もの血税を投入して改造すると決めるまでの経緯ですが、JAEA内の関係者が「日々の業務の中で議論」をして決めたと言っているのです。

 寝言ってのは誰もが寝てから言うものだと思っていましたが、世の中にはそういう常識が通用しない人もいるのだと改めて勉強させられました。明朝9時からJAEAをこの件でヒアリングします。