ニュース

日本記者クラブ会報 2020年11月10日第609号

2021/01/28

「次の10年 若手政治家に問う」⑦

論座-RONZA-

2021/01/28

変わるか?自民党の原発政策…

創エネ時報 217号/2021年1月1・15日号

2021/01/28

電力に占める再生エネ比率50%を2030…

創エネ時報 215号/2020年12月1日号

2021/01/28

注目の秋田、千葉銚子沖の事業者公募がスタ…

創エネ時報 213号/2020年11月1日号

2021/01/28

海は国民の共有財産、洋上風力の経済波及効…

執筆 書籍

20201217book.png

第1章 自民党議員として「反原発」を貫く
第2章 日本の再生可能エネルギーの現状
第3章 世界で急速に普及する再生可能エネルギー
第4章 再生可能エネルギーの「族議員」として
第5章 洋上風力発電の導入拡大に向けて
第6章 日本の再生可能エネルギー政策が進むべき道

自民党発! 「原発のない国へ」宣言 2050年カーボンニュートラル実現に向けて

四六判 並製 272ページ
1,760円(本体価格1,600円) 東京新聞 出版

著者の秋本真利議員は、原発再稼動派が主流を占める自民党に所属しながらも、脱原発の必要性を訴えて超党派議連「原発ゼロの会」に所属。この著書で、当事者でなければ知ることのない、原発業界や自民党内の原発推進派との攻防を描く。
また、原発に代わる再生可能エネルギーのエキスパートである著者が、太陽光発電や風力発電について基本的知識から分かりやすく解説する。
供給量が不安定でコストが高いと誤解されている再生可能エネルギーの利点を強調。
特に詳しい洋上風力発電の導入拡大に向けて、持論を展開しつつ、世界で再生エネルギー導入が進む一方で、日本で導入が進まない要因を読み解いていく。

---東京新聞 Web より

amazonにてご購入いただけます。
amazonご購入ページへ


活動報告

洋上風力新法の現状

2019/07/08

 国土交通大臣政務官の在任時から心血を注いできた、洋上風力発…

太陽光発電への法定外目的税はおかしい

2019/05/30

 太陽光発電設備に、法定外目的税を課税しようとしている自治体…

国土交通大臣政務官の初日、二日目

2017/08/08

 昨日の8月7日付けで、国土交通大臣政務官を拝命しました。政…

国道の話し

2017/08/06

 皆さんの住んでいるところに一番近い国道は何号ですか?現在、…