一昨年からずっと追いかけているRETF。茨城県東海村にある日本原子力研究開発機構(JAEA)の施設で、もんじゅの使用済み燃料を処理することを目的としている。約1,000億円かけて建設したは良いが、もんじゅが動かないのでRETFは1度も使われていない。これじゃ、もったいない!ということで、「今度は高レベル放射性廃棄物を最終処分地へ運び出す施設に改修する」とJAEAが言い出した。その費用、最低でも100億円。

 最終処分地ってまだ決まってないのに100億かけて改修?また使わない施設になっちゃうんじゃないの?ということで色々と調べ始めたら疑問点が出てくる出てくる。これについては、ちょっと膨大になるが私と文科省(JAEA)とのQ&Aを公開しようと思う。

 100億もかけて改修するのに、JAEAは「もんじゅが動いたら元の用途に戻す」という。じゃ、100億の中に現状復帰費って入っているのかと聞くと、「入ってないし試算もしていない」という。最終処分地までの距離や輸送方法だって決まってないのに、100億もかけて施設を建てることに経済性があるのかも「考えていなかった」という。六ヶ所の搬出施設は50億円とされているが、それよりも小さなRETFに100億もかかる根拠を聞いても答えられない。どう考えても、100億で収まるわけない。このまま文科省(JAEA)に進めさせると、第二の国立競技場になる恐れがあるとヒアリングを重ねるほど強く感じるようになった。

 ガラス固化体にする前の使用済燃料は電力会社のものらしいので、当然のことだが処理した際に出る廃液やガラス固化体は電力のものでしょ?それなら、管理費はもらっているの?RETFをガラス固化体の搬出施設にするなら、その所有者である電力会社からお金出してもらうのでしょ?と聞くと、ヒアリングの当初は「廃液やガラス固化体には所有権がないから国でやる」、と言っていたのに、都合が悪くなってくると秘密保持義務があって答えられないとのたまう。

 じゃ、再処理で出てきたプルトニウムは電力会社の資産に計上されているのだから、これは当然に管理費もらっているのでしょ?「それも秘密保持義務で答えられません」となってくる。挙句には、私とのヒアリングどころか国会の答弁でも「RETFは搬出施設として活用を図る」といってたのに、「検討をすると言っただけ」と答弁がブレてきた。

 私と文科省やJAEAとの間で何度もこうしたやり取りしてきたが堂々巡りなので、私もメンバーである党の行革推進本部に持ち込むことにした。河野太郎本部長(当時)はすぐにアクションを起こしてくれて、文科省と財務省を呼んだ上で私と2人で何度かヒアリングを一緒にやってくれた。

 そして出された答えは、「RETFを搬出施設へ100億かけて改修するための28年度の調査費約2億1,000万円は認められない」というもの。この答えをもって、28年度の予算は停止することを文科省、財務省と行革本部長室で確認した。この確認が反故になることはないとは思うが、念のために記録をしておこうと思う。

・秋本と文科省(JAEA)とのQ&A

・独立行政法人 日本原子力研究開発機構リサイクル機器試験施設(RETF)予算に関して