来週火曜日の国土交通委員会で20分間質問に立つことになりました。質問事項は以下の通りです。

首都圏空港の機能強化について
 成田空港の第三滑走路の必要性
鉄道駅におけるホームドアの設置について
鉄道車両へのペットの持込について
オリンピックに向けての交通対策について
 京葉線とりんかい線の直通運転
 高速道路へのオリンピック優先レーンの設置

 来年の4月1日から低圧部分も自由化される電力市場だが、地方自治体による電気の調達に関する実態把握が必要なのではないかと考えている。自治体が発電事業者となっている水力などによる発電部分については、どこの会社に売り渡しているかエネ庁は調査をし把握している。ところが、自治体側が調達する電気に関しては、どことどんな契約をしているのかエネ庁も総務省もデータを持っていない。

 高圧に続く低圧部門の自由化が来年からスタートするわけだが、発送電分離を前に相当程度のスイッチングをしっかりと実現しなくてはならない。一般家庭と異なって自治体は地方自治法により、調達については基本的に入札を実施することが原則になっているので、自治体の契約内容の実態把握をしてみたいと思っている。